中性脂肪・動脈硬化が引き起こす病気

中性脂肪・動脈硬化が引き起こす病気

病気

健康診断などで「中性脂肪が下げましょう」と言われても、いったい中性脂肪が高いとどんな危険があるのか、すぐにはぴんときませんよね。

一言に中性脂肪といっても引き起こす病気は様々です。

血液中の中性脂肪の値が高いからといってすぐに重大な病気になるというわけではありませんが、じわじわと様々な病気へ向かうというように考え、ゆっくりでも確実に対策していくことが必要になります。

このページでは、中性脂肪が多いとかかりやすい病気をご紹介します。

病気の進行として、脂質異常症(以前のいわゆる「高脂血症」)→動脈硬化→動脈硬化が引き起こす脳卒中などの様々な病気、というような流れとなります。

脂質異常症や動脈硬化の段階では、体の痛みや息切れなど、自覚できる異常を感じることは少ないです。

年齢が高くなるにつれて、脳梗塞の発症で初めて危険な状態だと認識するというパターンが多いようです。

また、中性脂肪が直接引き起こす病気もあります。特に内臓に溜まる中性脂肪は悪影響を及ぼしますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

中性脂肪(TG)値が高い場合は、脂質異常症

脂質異常症(以前の名称「高脂血症」)は、血液中の中性脂肪やコレステロールが必要以上に増えすぎた病気です。

高脂血症とは、血液に溶け込んでいる中性脂肪やコレステロールの量が過剰な状態をいいます。

その診断基準は、下記のように定められています。

中性脂肪の値 150mg/dl以上
LDLコレステロールの値 140mg/dl以上
HDLコレステロールの値 40mg/dl未満
総コレステロールの値 140~199 mg/dl

このうち一つでも当てはまれば、脂質異常症(高脂血症)と診断されます。

中性脂肪値が高い場合は、高トリグリセライド血症と呼ばれます。

脂質異常症は、遺伝的要素をはじめ、運動不足や脂肪分の多い食事、喫煙、アルコールの過剰摂取などによって起こります。

しかも自覚症状がないまま状態が悪化し、動脈硬化や心筋梗塞、狭心症、脳梗塞などの病気を引き起こしてしまいます。

病状を改善するためには、食生活の改善が求められます。

カロリーコントロールをし、脂肪分や糖質などを摂り過ぎないよう留意します。

その上で、ビタミンや食物繊維、ミネラルを多く摂ることが必要です。

さらにウォーキングや水中歩行などの適度な有酸素運動を継続し、脂質の代謝を促すのも効果的です。
「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動

血管が固まっていく動脈硬化

脂質異常症が、動脈硬化を早めます。

動脈とは、心臓から送り出される酸素をたくさん含んだ血液の通り道です。

体の隅々までに酸素を運ぶ役割のある動脈が、加齢とともに柔軟性を失い硬くなっていくのですが、これを動脈硬化といいます。

動脈硬化を引き起こす要因は老化現象だと言われていますが、中性脂肪により更に動脈硬化の症状を加速させてしまいます。

中性脂肪は、直接動脈硬化を引き起こすわけでありませんが、動脈硬化を引き起こすコレステロールと非常に深い関係があることがわかっています。

コレステロールには、善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあります。

善玉コレステロールは、血管に付着して血液の流れを妨げる要因となっている悪玉コレステロールを退治してくれる役割があるのですが、中性脂肪は、善玉コレステロールを減らしてしまうだけでなく、悪玉コレステロールを増やす作用があるのです。

そのため、中性脂肪値が高いままであると、血液中の善玉コレステロールがどんどん減ってしまい、代わりに血管をふさいでしまう悪玉コレステロールだらけのドロドロとした血液になってしまうのです。

動脈硬化は、血管内に血栓が出来るなどの症状も引き起こし、血液が通りにくくなったりするために、脳の血流に問題が起こった場合は、脳梗塞や脳出血など、脳卒中の症状として現れます。

また、心臓に酸素を運んでいる部分の血流に問題が起こると狭心症になり、完全にふさがれてしまった際には心筋梗塞と言う病気を引き起こします。

動脈硬化が引き起こす狭心症

1964_70狭心症(きょうしんしょう)とは、動脈硬化等により、血管に狭窄が起こり心臓の筋肉に酸素が行きとどかない重大な病気です。

心臓の筋肉に酸素が行きとどかず、胸痛や胸部圧迫感等の症状が見られるものです。

締め付けられるような胸の痛み、圧迫感が主な症状ですが他にも動機、不整脈、呼吸困難、嘔吐等の症状も見られます。

動脈硬化によって、心臓の動脈が狭くなり、血液が十分に通らなくなるのです。

狭心症の検査としては血液検査、心電図、心エコー検査、心臓カテーテル検査等を行います。心臓カテーテル検査は、動脈内に細いカテーテルを通し、造影剤を注入します。

どの血管がどのくらい細くなっているのか詳しく解ることができます。

症状を改善する方法としてよく知られているのがニトログリセリンです。狭心症の発作時に効果があります。

心筋梗塞

心筋梗塞は動脈硬化や高血圧が原因で、血管内壁に溜まったプラークが破たんし血栓が生じ、その部分より先の心筋に酸素が供給されなくなることで生じます。

狭心症と似ている病気ですが、異なる点は不可逆的であることです。心筋梗塞で壊死した心筋は元に戻りません。可能な限り早急に治療を受ける必要があります。

血中脂質の中性脂肪が150mg/dl以上、LDLコレステロールが140mg/dl以上、HDLコレステロールが40mg/dl以下で、血圧は最高血圧が140/最低血圧90以上であるかで動脈硬化のリスクが高くなります。

心筋梗塞の検査では、心電図、血液検査、心筋逸脱酵素で調べます。

心電図のST上昇や数時間後の異常なQ波の出現や、数日後の深い冠性T波の出現でその病名が付きます。
1964_69心筋梗塞の症状は、胸の痛みや呼吸困難、冷や汗、肩や背中の痛み、吐き気等が現れます。

病状を改善するには、まず動脈硬化を予防し、血圧、肥満、酒、タバコなどを控え、ストレスをためないようにします。

食事などの生活習慣を改善することが必要です。

脳梗塞

脳梗塞とは、動脈硬化の進行により、血栓などが生じ血流が阻害され、脳組織が壊死し神経麻痺などの症状があらわれる病気です。

治療としては血液のかたまりを溶かす薬や、脳細胞を保護する薬などによる投薬治療が行われます。

投薬により血栓が溶ければ、一週間ほどでベッドから起き上がれるようになります。

その後、リハビリ治療を経て退院となりますが、退院後も再発を抑えるためのケアが重要となります。

脳梗塞を起こしやすい人は、血管の状態が悪く血栓が出来やすいと言えます。そのため、退院後も血液がさらさらになる薬などを服用し再発のリスクを抑えます。

間歇性跛行症

動脈硬化が引き起こす病気の一つ、間歇性跛行症の原因には、神経によるものと血流によるものがあります。

間歇性跛行症(かんけつせいはこうしょう)とは、5分から10分程度歩くと、足に痛みやしびれ、脱力などを感じて歩けなくなり、立ち止まってしばらく休むと歩くことができるようになりますが、歩くとまた足が痛くなる症状を繰り返すものです。

間歇性跛行症の原因には2つあり、ひとつが神経の問題で発生する腰部脊柱管狭窄症、もうひとつが血流の問題で発生する閉塞性動脈硬化症です。

1964_71腰部脊柱管狭窄症は、主に加齢によるものですが、腰にある脊柱管が骨や軟骨、じん帯などの変形によって狭くなり、そのために脊柱管の中で神経が圧迫されて、神経の栄養動脈がうまく流れず、足や腰がしびれたり痛んだりします。

一方、閉塞性動脈硬化症というのは、足の血管の動脈硬化によって血管が詰まったり狭くなったりしているために、歩行困難を起こし、ついには歩行不能となります。

血液の流れが元に戻れば、再び歩けるようになります。

中性脂肪が引き起こす脂肪肝

脂肪肝とは中性脂肪が溜まりすぎている病気です。
中性脂肪が脂肪肝を生じさせる理由と対策

脂肪肝にかかっている場合でも、自覚症状は、殆どありません。

したがって、脂肪肝は血液検査で見つけるしか無く、基本的には血液検査のGOT、GPT、γ-GTPの値が高いと脂肪肝であると判定されます。

ただ、脂肪肝であるにもかかわらず、これらの値は正常なこともあり、超音波検査やCT検査によって初めて脂肪肝と分かることもあります。

アルコール
脂肪肝になる原因は、アルコールの過剰摂取、肥満(脂質異常症)などが挙げられます。

また、生まれつき脂肪のつきやすい体質の人ほど、脂肪肝になりやすいと言えます。

脂肪肝になると、糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクが増大します。

脂肪肝を治すには、食生活を見直し、適切な栄養摂取を心がけることが大切です。

禁酒や適度な運動も効果的です。
「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動

中性脂肪(TG)値が低い場合は、低トリグリセリド血症

中性脂肪は、生命維持活動に必要な細胞や血管を構築するための栄養素になりますので、少なすぎても問題になります。

偏頭痛や目まいなどが起こる場合もありますが、通常、基準値以下でも普通の生活している場合であれば、問題ありません。

ただし、ホルモンのバランスが崩れる甲状腺機能亢進症という病気になっている場合や、肝臓の病気になっている場合もありますので、その辺りは注意が必要です。

甲状腺機能亢進症とは?

甲状腺機能亢進症とは、女性に多いバセドウ病が代表的な病気です。

甲状腺機能亢進症は、過去の履歴や血液検査によって判断され、血中の甲状腺刺激ホルモンの量で判断されます。

甲状腺刺激ホルモンが低い場合、血中のトリヨードサイロニンとサイロキシンの量が高くなり、脳下垂体の動きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえます。

症状としては、甲状腺ホルモンの分泌が亢進するとエネルギーの消費力が高まり、食欲が増加します。

いくら食べてもやせてしまいます。

動悸や息切れ、多汗や微熱などが認められます。

精神的症状としては不安を感じたり、集中力の低下があります。

治療法としては最初に甲状腺ホルモンの抑制を行う薬を使用し、のちに手術や、放射線アイソトープの治療を行うことが多いです。

まとめ

中性脂肪は、値が高いからといってすぐに病気になるわけではありませんが、忙しさにまぎれているうちに、自覚症状なく、後戻りできない動脈硬化を進行させてしまうのがこわいという性質があります。

「高めかな?」という程度の数字から対策を始めてください。

中性脂肪は、食事・運動を始めてから早ければ1~2カ月で数値が変わってくると言われています。

諦めたり放置したりせず、できることを今日からやってみましょう。

関連記事


監修者 山浦 真理子医師


帝京大学大学院卒業後、世界共通の医学博士号であるPh.D.を取得。米国ワシントンD.C.とニューヨークへ留学経験あり。宇宙環境医学の研究者として論文を執筆。現在は、上用賀世田谷通りクリニックにて内科医として勤務しています。

スポンサーリンク