果糖の過剰摂取による中性脂肪の増加やメタボリックシンドロームの悪化に注意

008s

008

中性脂肪を気にしている人にとって注目すべき記事がでました。

参照:『「果糖」にご注意! 中性脂肪増え、肥満招く』(ウーマンオンライン)

これによると、果糖は食後の血糖値の上昇を抑える効果があるため、肥満などの対策に良いとされてきましたが、摂取しすぎると危険であるということが分かったというのです。
血糖値の急上昇を防ぐと中性脂肪も下がる?血糖コントロールのコツを栄養士がアドバイス

果糖を摂取しすぎると中性脂肪が増えるなどし、メタボリックシンドロームを悪化させたり、肥満になりやすくなったりするようです。

これまで、体に良いという認識が強かった果糖にもリスクがあるということで、注意が必要となってきました。

もちろん果糖は即効性のあるエネルギー源であり、運動をする人、集中力が欲しい受験生、朝が忙しいサラリーマンなどの味方になります。

しかし過剰摂取は健康へのリスクとなる可能性も示唆されています。〇〇がよい、〇〇が悪い、というのは日々の研究ですぐに変わってしまいます。何事も極端なことは避けて、バランスよく使用できればいいですよね。

肥満などを防ぐための健康食品などに利用されているケースもありますので、今健康食品を利用している人などはよく成分を確認しなければならないと思います。

何でもやり過ぎや偏り過ぎは良くないということは冷静になってみればよく分かることですが、本来健康に良いはずのものでも摂取しすぎるとリスクがあるということです。

関連記事


監修者 山浦 真理子医師


帝京大学大学院卒業後、世界共通の医学博士号であるPh.D.を取得。米国ワシントンD.C.とニューヨークへ留学経験あり。宇宙環境医学の研究者として論文を執筆。現在は、上用賀世田谷通りクリニックにて内科医として勤務しています。

スポンサーリンク