悪玉コレステロールよりも怖い、超悪玉コレステロール(SD-LDL)とは?病院での検査方法や対処法

4992_01

超悪玉コレステロールをご存知でしょうか超悪玉コレステロールの存在をご存知でしょうか。超悪玉コレステロールは、悪玉(LDL)コレステロールが小型化したものです。

悪玉コレステロールは、増えすぎると動脈硬化を引き起こす原因となりますが、超悪玉コレステロールは、さらに動脈硬化のリスクを上げる物質です。

ここでは、超悪玉コレステロールとは何か、悪玉コレステロールが小型化する原因、下げる方法などについて 解説していきます。

スポンサーリンク

超悪玉コレステロールとは

超悪玉コレステロールの正式名称は、sd-LDL(small dense LDL:小型高密度LDL)コレステロールです。

超悪玉コレステロールは、悪玉コレステロールが小型化することで、血管内膜の隙間に入り込みやすくなり、さらに酸化もされやすくなるため、より強く動脈硬化を促進させていきます

そのため、「超悪玉」と呼ばれているのです。

超悪玉コレステロールの特徴

超悪玉コレステロールは、サイズが小さく、比重が大きいのが特徴です。

では、なぜ動脈硬化を促進させるのか、その理由とメカニズムを見てみましょう。

<超悪玉コレステロールの特徴>

・肝臓のLDL受容体と親和性が悪く、血中滞在時間が長い(LDL:平均2日/ sd-LDL:平均5日)
・表面構造が血管内膜のプロテオグリカン(ムコ多糖)と結合しやすく、血液中をスムーズに流れない
・小型のため、血管内膜に潜りやすい
・抗酸化物質のビタミンEが少なく、酸化を強く受けやすい

<動脈硬化が発生するメカニズム>

超悪玉コレステロールの動脈硬化が発生するメカニズム
超悪玉コレステロールは、血管内膜に潜りやすく、抗酸化物質も少ないため、プラーク形成が加速されてしまうのです。

超悪玉コレステロールが生成される原因

超悪玉コレステロールが生成される原因には、血液中の中性脂肪値が高いこと、インスリン抵抗性などが挙げられます。

生成機序は次のようになります。
超悪玉コレステロールの動脈硬化が発生するメカニズム

そして、インスリン抵抗性(インスリンの働きが悪い状態)があると、血糖値や遊離脂肪酸が上昇するため、肝臓での中性脂肪合成が促進し、TRLが増えることになります。

超悪玉コレステロールが起こす症状

酸化されやすい超悪玉コレステロールが増えると、血管内膜にはプラーク(血管内膜にできるコブのように隆起したもの)がより形成されやすくなり、動脈硬化が進みます。

この状態を「アテローム(粥状)性動脈硬化」と言います。

プラークは徐々に成長していき、次のような状態を引き起ります。

  • 血管内腔が狭くなり血流が悪化、臓器に酸素や栄養が送れなくなる
  • 血管のしなやかさが失われ、硬くなる
  • プラークが破れ、血液が凝固し血栓を形成する
  • 血栓が飛び血管を詰まらせる(塞栓)

狭心症、心筋梗塞アテローム性動脈硬化が臓器で発生すると、次のような疾患を引き起こします。

  • 心臓の冠動脈で発生→狭心症、心筋梗塞
  • 脳内で発生→脳梗塞
  • 下肢動脈で発生→閉塞性動脈硬化症(間欠性跛行、下肢の冷感・しびれなど)

アテローム性動脈硬化は、徐々に進行するため、初期は自覚症状がないことがほとんどです。

知らず知らず重要臓器が侵されていくため、早期発見がとても重要になります。

超悪玉コレステロール セルフチェック

アテローム性動脈硬化を進行させないためにも、超悪玉コレステロールの管理はとても大切です。

次のような人は、超悪玉コレステロールが多い可能性があります。

ここで、セルフチェックしてみましょう。

□ 中性脂肪が高い
□ 血糖値が高い、糖尿病がある(インスリン抵抗性がある)
□ 高血圧がある
□ 内臓脂肪型肥満である
□ 善玉(HDL)コレステロール値が基準値より低い
□ 狭心症や心筋梗塞を起こしたことがある
□ 家族や親戚に心筋梗塞や脳梗塞を起こした人がいる

チェックリストを見てお気づきの通り、メタボリックシンドローム、そして生活習慣病を持っている人は、超悪玉コレステロールを生成しやすい、ということになります。

1つでも当てはまる人は、早めに検査をし、早期治療をおすすめします。

病院での検査方法

病院悪玉(LDL)コレステロール値が正常でも、動脈硬化が進行する場合があります。

その原因は、超悪玉コレステロール( sd-LDL )の存在です。

超悪玉コレステロールは、小型のため多数存在してもLDLコレステロール値全体は増えません。

そのため通常の検査では見逃されやすいのです

超悪玉コレステロールの検査方法には、2通りあります。

①小粒子LDLプロファイル

採血をし、 sd-LDLがどのくらいあるか測定する検査です。保険適用されておらず高価になりますが、LDLの粒子の大きさを高度な技術で測定できます。

②リポ蛋白分画精密測定

血液中のリポ蛋白を4分画し分析することで、LDLの大きさを推定する検査です。実際のサイズまでは調べることはできません。

sd-LDLの検査は、総合病院でできますが、脂質異常症の専門医がいる病院が良いでしょう

保険適用でない検査の場合、料金が病院によって異なるため、事前に確認することをおすすめします。

超悪玉コレステロールの下げ方

先述のように、超悪玉コレステロールは、中性脂肪と強い関連があります。

悪玉コレステロールが正常値で中性脂肪値が高い場合は、超悪玉コレステロールの存在リスクがあります。

超悪玉コレステロールを下げるには、中性脂肪の管理をすると同時に、血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームなどのコントロール、禁煙、運動習慣など生活習慣の改善が重要になります。

「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動

まとめ

注意超悪玉コレステロールは、健康診断などでは測定されないため、見逃されやすいと言えます。

中性脂肪と関連するため、中性脂肪値が高い場合は、一度検査してみることをおすすめします。

動脈硬化は、初めは無症状で、徐々に血管を蝕んでいきます。

早期発見、早期治療のために検査を受けると共に、これまでの食生活や生活習慣などの見直しも行っていきましょう。

関連記事


監修者 山浦 真理子医師


帝京大学大学院卒業後、世界共通の医学博士号であるPh.D.を取得。米国ワシントンD.C.とニューヨークへ留学経験あり。宇宙環境医学の研究者として論文を執筆。現在は、上用賀世田谷通りクリニックにて内科医として勤務しています。

スポンサーリンク