中性脂肪が高い子供が増えている。原因は食事?遺伝? 子供の中性脂肪を下げる対策と気を付けたいポイント

4362_01

子供中性脂肪というと、大人のメタボリックシンドロームを連想する人が多いと思います。

しかし、最近では子供の肥満増加に伴い、大人だけではなく子どものメタボリックシンドロームの基準ができました。

診断基準は以下の通りです。

小児期メタボリックシンドロームの診断基準(6~15歳)
ウエスト周囲径
中学生80cm以上/小学生75cm以上
もしくは
ウエスト周囲径(cm) ÷ 身長(cm) = 0.5以上
選択項目(下記項目のうち2項目以上)

トリグリセライド(中性脂肪): 120mg/dl以上
かつ/または
HDLコレステロール: 40mg/dl未満
収縮期(最大)血圧: 125mmHg以上
かつ/または
拡張期(最小)血圧: 70mmHg以上
空腹時血糖: 100mg/dl以上

うちの子は少し太っているけど大丈夫か?、家族や親戚にメタボの人が多いが遺伝もあるのか?など、お子さんに対する心配は尽きないと思います。

ここでは、子供の中性脂肪が上がる原因や検査方法、診断基準について 解説していきます。

スポンサーリンク

中性脂肪が高い原因とは

内臓脂肪症候群子供の中性脂肪が高くなる原因は、二次性脂質代謝異常と原発性脂質代謝異常に分けられます。

脂質異常症には、高LDLコレステロール血症、低HDLコレステロール血症、高トリグリセリド血症がありますが、ここでは中性脂肪に関する病気について説明します。

脂質異常症

先天的な原因ではなく、原疾患や生活習慣などで中性脂肪が高い場合は、脂質異常症と呼ばれています。

原因

男の子と女の子子供の場合の発症原因には、次のようなものがあります。

➀原疾患によるもの

  • 糖尿病
  • クッシング症候群(ステロイドホルモンが過剰に分泌される病気)
  • ネフローゼ症候群など腎臓病 
  • 全身性エリテマトーデス (自己免疫疾患) など

➁服用薬によるもの

  • ステロイド剤
  • 利尿剤 など

➂生活習慣によるもの

  • 肥満
症状

大人の場合と同様、子供の場合も無症状のことが多いです。特に子どもは中性脂肪値を計測する機会が大人ほどはなく、気づきづらいです。

しかし、体内では内臓脂肪の蓄積が起こっており、子供でも動脈硬化が始まっていることもあります。

そして、メタボリックシンドロームを起こし、生活習慣病の原因になっていきます。

治療

原疾患がある場合は、その治療を優先していくことで、改善されていきます。

生活習慣によるものは、ほとんどが肥満に起因しています。肥満を改善することが、治療につながります。

原発性高カイロミクロン血症

遺伝による先天的要因により、血液中のカイロミクロンが多くなってしまう病気です。

指定難病262に指定されています。

日本には300人ほどの患者がいると推定されています。

カイロミクロンとは?

脂質は通常、水に溶けないため血液中に溶け込むことができません。そこで中性脂肪を全身の細胞へと運ぶのに利用されるのがカイロミクロンです。

カイロミクロンはリポタンパクという物質の一つで、中性脂肪を全身に運ぶ船の役割をします。そのほかにリポタンパクにはコレステロールを全身に運ぶLDLやコレステロールを全身から肝臓へ回収するHDLなどがあります。

症状

著しい高トリグリセリド(中性脂肪)血症となります。子どもの中性脂肪値の正常値は120mg/dL未満ですが、1000mg/dLを超える高い値となります。

中性脂肪値が1000mg/dLを超えるといつ、急性膵炎になってもおかしくなりません。急性膵炎は症状の度合いによっては死亡する可能性のある病気です。

また、血液中の中性脂肪値が極端に高まるため、動脈硬化も進行しやすくなり心臓や脳血管などの循環器系の疾患のリスクが高まります。

治療

原発性高カイロミクロン血症は根治することができません。基本は厳格な脂質の摂取制限になります。ただし脂質の摂取制限を行っても血中の中性脂肪値が下がらない可能性も十分にあります。その場合は服薬による治療を開始します。

肥満や糖尿病、高血圧などの急性膵炎のリスクを高める生活習慣病にならないよう、生活改善にも努める必要があります。

検査方法

血液検査高カイロミクロン血症、高トリグリセライド血症の検査方法について見ていきましょう。

学校保健法により、小学生4年生、中学1年生、高校1年生の時に生活習慣病健診が行われています。

費用は各自治体で負担し、無料もしくは1,000円位で受けられます。

  • 血液検査(血清脂質)

子供の場合、無症状の場合が多いため、血清脂質検査はとても重要です。

脂質は食事の影響が強いため、空腹時に血液検査を行います。

  • 生活習慣病予防健診調査票のチェック(食生活、運動習慣など)
  • 身長、体重、腹囲
  • 血圧
  • 家族の既往歴

診断基準

高カイロミクロン血症、高トリグリセリド血症は、原発性と二次性では診断基準が違います。

血清中性脂肪値が、原因不明で高い時、二次性の場合は、120㎎/㎗以上の場合、詳しく検査をする必要があります。

原疾患がある場合は、血糖値、尿蛋白など、疑わしい疾患に対する検査が並行して行われます。

子どもの中性脂肪を下げる対策

ここでは、二次性である肥満が原因の中性脂肪対策について説明します。

中性脂肪を下げるには、食事療法、運動療法などがあります。

食事編

食生活の改善が必須になります。

3食を規則正しく食べる
朝ごはん朝食を欠食する子供が増えています。
夕食時間が遅かったり、夜食の食べ過ぎ、夜更かしで朝起きられないなどが原因です。不規則な食事は中性脂肪を増やす原因になります。

ファーストフード、スナック菓子、清涼飲料水などを控える
これらの食品は、脂肪、塩分、糖分がとても多く含まれ、肥満の原因になります。

栄養バランスよく食べる
偏食を改善し、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラル、食物繊維をバランスよく食べることが大切です。

中性脂肪値を下げる食品とメカニズム、おすすめの摂り方まとめ

運動編

遊びの多様化で、インドアで遊ぶ子供が増えており、運動する機会が減少しています。

体を動かさないと、消費エネルギーが減り、脂肪が蓄積され肥満につながります。

毎日時間を決めて運動する、週末に家族で運動する習慣を持つなど、子供が体を動かす時間を増やすことが重要です。

「誰でもできる」にこだわった!インドア派でも続く中性脂肪を下げる有酸素運動・無酸素運動

生活習慣編

テレビゲーム夜遅くまでゲームなどに没頭し、朝起きられない子供が増えています。

それが子供の朝食の欠食につながり、睡眠時間も短く、不規則な生活になっている原因の1つです。

睡眠時間が短いと、子供の成長発達に影響を及ぼすだけでなく、肥満にもつながります。

現代は夜型社会で、家庭でも夜遅くまでテレビを見ていることが多いと思います。

子供の健康のために、大人も夜更かし習慣を改善するなど、家族みんなで協力していくことが大切です。

まとめ

お腹を痛がる女の子子供の中性脂肪が上昇する原因は原発性、二次性があり、原発性の場合は、急性膵炎などの合併症を起こしやすいため、腹痛を繰り返す場合などは、速やかな受診が必要です。

二次性の場合は、肥満に伴うことが多く、肥満の改善が必須になります。

原発性も二次性も動脈硬化につながるリスクが高く、早期の対策が求められます。

食生活の改善をはじめ、運動習慣をつけるなど、生活全般を見直していくことが大切になります。

関連記事


監修者 山浦 真理子医師


帝京大学大学院卒業後、世界共通の医学博士号であるPh.D.を取得。米国ワシントンD.C.とニューヨークへ留学経験あり。宇宙環境医学の研究者として論文を執筆。現在は、上用賀世田谷通りクリニックにて内科医として勤務しています。

スポンサーリンク