メタボ予防素材「ターミナリアベリリカ」の新作用が発見されました!

001

001

ターミナリアベリリカを含むサプリは近年増えつつあり、目にしたことのある方も多いかもしれませんが、今回、健康食品・化粧品の総合受託(ODM)メーカーの株式会社東洋新薬(本社:福岡県福岡市、本部:佐賀県鳥栖市、代表取締役:服部利光)は、長崎県立大学との共同での臨床試験により新たな作用が確認されました!

参考:メタボ予防効果が期待できる機能性素材「ターミナリアベリリカ」とは?(サイト:PR TIMES)

ターミナリアベリリカとはそもそもどんなものなのかというと?

これによると第9回日本補完代替医療学会学術集会の臨床試験で、この「ターミナリアベリリカ」300mgの摂取で食後の血中中性脂肪濃度上昇抑制作用が確認されていましたが、さらに今回の臨床試験にて低用量の200mgでも同様の効果があると確認が取れたそうです。

また、同様に血糖値の上昇を穏やかにする作用があることも確認されています。

今までは素材の苦みのためカプセルや錠剤での商品提供しか難しかったターミナリアベリリカですが、今後は粉末での商品提供など幅広い展開が期待できるそうです!

関連記事


監修者 山浦 真理子医師


帝京大学大学院卒業後、世界共通の医学博士号であるPh.D.を取得。米国ワシントンD.C.とニューヨークへ留学経験あり。宇宙環境医学の研究者として論文を執筆。現在は、上用賀世田谷通りクリニックにて内科医として勤務しています。

スポンサーリンク