【30代男性】中性脂肪コントロールの極意

体験談

私は揚げ物が大好きで、酷い頃は週に5日は食べていました。

その頃は仕事のストレスが溜まっており、食べる事でそれを解消していたように思います。

妻も心配していましたが、私の仕事でのストレスを理解していたようで、油物の大量摂取に関しては何も言いませんでした。

自分でも分かるぐらい太ってしまった頃に健康診断を受け、中性脂肪が高すぎるとお医者様に言われてしまい、このままでは様々な病気にかかってしまうと注意されました。
中性脂肪・動脈硬化が引き起こす病気

しかし私は、まだ仕事でのストレス解消を食事に頼っており、唯一の楽しみである食事を奪われてしまったら仕事に対するモチベーションが大幅に下がってしまうと思いました。

そこで妻に相談した所、妻はなるべく頑張って私の中性脂肪をコントロールしてみせると言ってくれました。

私は、そんなに簡単に中性脂肪がコントロールできる訳が無いだろうとあまり期待していませんでした。

妻に相談した次の日からもいつもと変わらない油物が食卓に並んでいました。

昨日の相談の件はどうなったんだと問いつめると妻は、「何も言わずに食べて」の一点張りでした。

週に5日の油物を摂取するという頻度が変わらないまま次の健康診断の時期がやってきました。

今回も中性脂肪が高いままだと思っていると、前回よりも中性脂肪が大幅に下がっていました。

家に帰ってから妻に報告をすると、今までの食事に使っていた油を中性脂肪コントロール用のものに替え、徐々に野菜を多くしていたとの事。

私はなるほどと思いました。妻に相談した結果、いつの間にか中性脂肪対策になっていたので大変驚きました。
中性脂肪値を下げる食品とメカニズム、おすすめの摂り方まとめ

関連記事


スポンサーリンク