【30代女性】中性脂肪を楽しみながら下げる方法

体験談

私は35歳の頃の健康診断でヤセ型体型なのにもかかわらず中性脂肪が多いと診断されてしまいました。
太っていないのに中性脂肪値が高いのは運動不足と生活習慣

その際、お医者さんからはさまざまな成人病を引き起こす原因にもなるので、中性脂肪値を下げるための努力を促されました。

まず改善したのは食事の習慣です。それまでは食べても太らない体質から暴飲暴食ばかりしていたのですが、寝る前から3時間は何も食べないようにしました。
就寝前の食事は中性脂肪を増やすため絶対NG!22時以降に食べてもいいおやつとは

それと晩酌は1日おき、それも高機能ビール(カロリー・糖質・プリン体OFF)もしくはワイン焼酎にかえました。

あとはスナック菓子等の甘いモノも控えるように努力しました。

これらは初めはけっこう辛かったのですが、1〜2ヶ月もすれば慣れるもので、しかも健康診断の結果でハッキリと成果が表れると意外と楽しくなるものです。

次に生活習慣も変えるように努めたのですが、まずは『歩く』ということをいつも意識するように心がけました。

例えば仕事での移動で地下鉄1区間、タクシー1メーターの距離はあえて歩くようにします。

それと昼休みも食べた後に(これが大事)30分歩くように努力しました。

あとは万歩計をつけながら歩くと、より努力が数字に表れるので楽しいです。

初めのうちは過去の運動不足がたたって膝や足の付け根等が痛くなりましたが、それもしばらくして無くなり今では2〜3キロは余裕で歩くことができるようになりました。

あとは出来るだけ仕事内容をなるべく体が動かせて、汗をたくさんかける業務をするよう(選ぶよう)心がけました。

これらの生活習慣の改善により、今では健康診断でお医者さんから褒められるほどになりました。

これらのコツはやはり無理なく自分のコンディションにあわせてストレスをためないように楽しく努力することが大切だと思っています。

関連記事

スポンサーリンク