【30代男性】中性脂肪値1187の恐怖が自分史上ベストの228に激減した方法

体験談

「かんぱい」人の笑顔に酒がススむ、やがて友人たちは歪んで見えた。

おかげで、24歳で痛風発症、肝機能障害、高脂血症。

ストレスは、ある。性格かな?僕は弱いことを認めななかった。

約10年、中性脂肪は高かった。でも普通の毎日が約10年、毎年350を超える値、全くと言っていいほど気にかけていなかった。酒を飲まない大嫌いな上司は、500を超えているし。

当たり前の検診の日、前日も当たり前のように酒との楽しい時間。

約一時間後呼び出された。〜室にお入りください。

これを見てください。

検体に溜まっている私の血が、フラスコに半分。

血の上には血と同じような、透明な液体。

これなんだと思いますか?医師が語りかける。

「わかりません」

アブラです。つまって死にますよ。

驚いた。車にひかれた一命をとりとめた時より驚いた。

健康診断くそくらえ、僕は高校まで野球で鍛えた体がある。

ちょっとひっかかった検診で恐れ、3日坊主になる人間を見て馬鹿にしていた。

次の日。

走っていた。その次の日走っていた。

次の日。サボっていた。

これだからこうなった。

だから妻に頼みました。

「野菜で腹一杯にしたい」

「夕食は炭水化物は食べない」

「玉ねぎを、酢であえて毎日だしてね、水にはさらさないでね」

「前日に、納豆とキムチを混ぜておいて」

は変わらず、たばこも変わらず。

二ヶ月、我慢ができない私が続けた、普通の人にとっては当たり前の我慢。

酒の量は変わらず。というかがまんできません。アル中かなとも思うけど、週一回我慢した。

ただそれだけの毎日を続けました。

結果。中性脂肪228。向こう15年自分史上最高の値。

ちなみに、体重71kg→64kg肝機能、変わりませんでした。

私の中性脂肪対策、門外不出。

玉ねぎ
タマネギの血液サラサラポリフェノール「ケルセチン」を摂る方法


酢は中性脂肪を下げる効果・脂肪燃焼効果のあるダイエット調味料

キムチ納豆
納豆はナットウキナーゼを含み中性脂肪を下げる・血液サラサラ食品!1日何パックで効果あり?

夕飯だけ炭水化物ぬき(昼食の炭水化物は増えました)

妻の努力。

試してみてください、実話です。

関連記事

スポンサーリンク