中性脂肪とお酒の関係。ワイン、ウィスキー、ウォッカ、ブランデーの上手な飲み方

1665_01

洋酒のバー仕事が終わった後、自宅でビールや日本酒、寒い夜には熱燗なんていいですよね。

中性脂肪にお酒は大敵ですが、量を守り、種類を選べばある程度は飲むこともできます。

適度なアルコールは、精神的にリラックスした状態を作り出すことができ、ストレスの解消につながります。

また、善玉コレステロールを増加させる働きもあることから、体の内部に蓄積したコレステロールを取り除く効果が期待できるなど、量を守ることで体に良い作用を促すことができます。

今回は、お酒について栄養士である筆者が、中性脂肪とお酒の関係性を紐解き、ワイン、ウィスキー、ウォッカ、ブランデーの上手な飲み方についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

お酒が中性脂肪を増加させるのは本当?

お酒をたくさん飲む人の多くは、お腹周りに脂肪がたまっており、いわゆる「ビール腹」と呼ばれる皮下脂肪が付着している姿を目にします。
中性脂肪が高くてもビールが飲みたいとき、糖質オフを選んだ方がいい?

実は、その皮下脂肪の原因はお酒だった可能性があるのをご存知でしょうか。

お酒に含まれている成分の中には、実は糖分が多くの割合を占めています。

糖分は、体内に吸収されると必要分はエネルギーとして消費されますが、余ってしまうと肝臓に運ばれたのち、中性脂肪やLDLコレステロール(悪玉コレステロール)を増やしてしまいます。

また、お酒を飲む人は、一緒におつまみを食べます。

実は、このおつまみには、多くの塩分が含まれており、食べ続けることでさらにのどの渇きを感じるようになります。

結果として、お酒がすすむサイクルが作り上げられているのです。すなわち、お酒とおつまみの相乗効果により、必要以上の飲み食いが誘発されることで余剰な糖分が次々と中性脂肪へと変化し蓄積されていく訳です。

メジャーな洋酒と中性脂肪の関係、おすすめの飲み方

ワイン

赤ワインワインは、赤と白と2種類あり、それぞれ含まれている栄養素が異なります。

赤ワインには、ポリフェノールが含まれているため抗酸化作用が期待できるほか、ピセアンタノールが含まれていることから、脂肪生成を抑制する働きがあることが特徴です。
中性脂肪に効果のあるポリフェノールと摂り方

一方、白ワインには、赤ワインで使用される皮や種を使用しないため、ポリフェノールは含まれておらず、代わりにカリウムやミネラルやマグネシウムが豊富といった特徴があり、歯や骨の生成、利尿作用といったデトックス効果が期待できます。

中性脂肪対策としては、白ワインより赤ワインを選び、1回にグラス1杯~2杯を目安にするのがおすすめです。

ウィスキー

ウィスキーウィスキーには、赤ワインと同様にポリフェノールが含まれていることが特徴です。

ポレイフェノールの働きにより、血糖値や血清尿酸値を抑える働きがあることから、中性脂肪を抑制するだけでなく健康促進効果にも期待されているお酒です。また、ウィスキーは製造過程で蒸留という工程により、中性脂肪の原因になる糖分がほとんど残らないことも特徴と言えます。

中性脂肪対策としては、1日にダブルで1杯分(60ml)を目安にするのがおすすめです。

ウォッカ

ウォッカウォッカは、蒸留製法により作られているお酒のためアルコール濃度が高いことが特徴です。

アルコールが高いことで、カロリーも高くなりますので、ロックなどで飲んでしまうとカロリーを摂り過ぎてしまう恐れがあり、飲み過ぎは中性脂肪の増加につながります。

そこで、水割りなど出来る限り薄めていただいて楽しまれることがオススメです。

中性脂肪の天敵はお酒の中のカロリーや糖分ですので、飲み方や量には注意が必要です。中性脂肪対策としては、1日に2ショット分(60ml)を目安にするのがおすすめです。

ブランデー

ブランデーブランデーには、赤ワイン、ウィスキーと同様にポリフェノールが含まれているため、中性脂肪を抑制することが期待されます。

しかし、ブランデーには製造工程で熟成を行います。

そこで、ブランデーに含まれているポリフェノールは樽ポリフェノールと呼ばれるポリフェノールとなり、活性酸素を除去する効果が高く、体の老化を抑制する効果も合さる優れたお酒だと言われています。

中性脂肪を抑制し、体の内側からアンチエイジング効果を実感することができるため、美容効果も密かに注目されています。

ちなみに、ポリフェノールには、エラグ酸が含まれており、肌にできたシミやソバカスなどの色素沈着を薄くする美白効果もあると言われているので、おじさまに好まれているイメージのあるブランデーですが女性にも人気が出てきているお酒と言えます。

中性脂肪対策としては、1日にダブル1杯分(60ml)を目安にするのがおすすめです。

中性脂肪の高い人におすすめのお酒の飲み方

揚げ物以外のおつまみを選択

アルコールを摂ることで食欲増進作用が働き、必要以上に食べてしまう傾向があります。

そこで、ついつい普段より多めに揚げ物を食べたりすることで中性脂肪をさらに増加させる恐れがあることから、中性脂肪ができにくいメニューを率先しておつまみに選ぶようにしましょう。
栄養士が紹介!中性脂肪を下げたい人でも安心なお酒のおつまみと避けたいおつまみ

例えば、サラダ、お刺身、お豆腐、枝豆などが食物繊維を摂ることができ、なおかつ塩分も少ないことから必要以上の飲酒を抑えることにも効果があります。

お酒の飲み過ぎは、プリン体や糖分過多になり、中性脂肪増加につながることですので注意が必要です。

お魚料理を一緒に食べる

おつまみは魚料理を選ぶ居酒屋での定番のおつまみとして登場する、魚料理。実は、お酒との相性が良いだけでなく中性脂肪を減少させるという意味でも非常に良い組み合わせと言えます。

マグロやイワシなどの青魚が含まれている場合はなおさら良い組み合わせです。

洋酒と合うメニューとしては、アボカドとマグロの和えもの、マグロステーキ、カルパッチョなどがありますね。

青魚には、中性脂肪を下げる効果のあるDHAEPAが含まれているため、中性脂肪が気になる方には率先して摂取していただきた料理です。

居酒屋でついつい何か食べたくなった時には、マグロ料理を頼んでみるのも良いかもしれません。

ご飯、麺類は食べ過ぎない

よく、飲みに行った帰りにラーメンが食べたくなることってありますよね。

ビールやウォッカなどお酒をしっかり飲んだ後は、塩分が欲しいというサインを脳が出してしまうため、スープに塩分を使用しているラーメンが食べたくなる傾向にあります。

また、そこでラーメンとご飯を一緒に食べてしまうとたちまち中性脂肪は増加してしまう恐れがあります。

ご飯や麺類には糖質や炭水化物が含まれていることから、そのまま体に吸収されて脂肪へと変換されやすい栄養となります。

また、お酒を飲んでいることで胃液が活発に働くことで食欲も旺盛になり、必要以上に注文をして食べ過ぎてしまう場合があります。

中性脂肪の天敵は暴飲暴食です。しっかりと自分をコントロールしながら中性脂肪を蓄積しすぎないお酒との付き合いかたを身につけてください。

結論

お酒が単純に中性脂肪を高めてしまう原因と思っている方も多いのですが、実は、お酒は適量であれば本当に体にとっては良い作用をもたらしてくれる飲み物なのです。

適度なアルコールで血流が良くなり、代謝も上がります。

しかし、適量を超えるとたちまち脳が暴走してしまい暴飲暴食につながり、結果として中性脂肪を増加させる場合があります。

お酒との向き合い方を把握した大人になって、お酒の時間を楽しんでください。

塩分の取りすぎ、油こい食事は特に気をつけましょう。

関連記事


監修者 山浦 真理子医師


帝京大学大学院卒業後、世界共通の医学博士号であるPh.D.を取得。米国ワシントンD.C.とニューヨークへ留学経験あり。宇宙環境医学の研究者として論文を執筆。現在は、上用賀世田谷通りクリニックにて内科医として勤務しています。

スポンサーリンク