【20代後半男性】中性脂肪283→159。外食とコンビニ弁当をやめ、自作弁当でかなりの数値ダウンに成功。

体験談

私は20代後半であり、今までは特に健康に気を遣うこともなく生活を送ってきていました。

大きな病気をしたり体調を崩したりすることも全くなかったため、健康について考えたり興味をもったりすることもなく好き勝手な食生活をしていました。

しかし、ある年の春に行われた会社の健康診断で、血液検査をした結果、中性脂肪値が283と基準値よりもかなり高くなっていることを医師に指摘されてしまいました。

中性脂肪値が、異常に高かったため再健診を受けたのですが、やはり中性脂肪値は基準値をオーバーしており、その際に医師から食生活を見直して改めるようにとのアドバイスをもらいました。

具体的には、脂肪分の多い油っこいものや、お菓子などを控えるようにとのことでした。

できれば、運動もした方が良いが、まずはとりあえず食生活を見直しましょう、というアドバイスをもらいました。

私は、その日から自分の食生活を見直し、医師からアドバイスをもらったように、油っこいものやお菓子を食べることを控えるようにしました。
中性脂肪を下げたい人におすすめのお菓子、避けたいお菓子

具体的には、外食やコンビニ弁当をやめて、手作りの野菜中心の弁当にしたり、自炊の際は、油を使うことを控えるようにしたり、もちろん間食もしないようにしたりしました。
中性脂肪が高い人が外食をするとき、安心なメニューと避けたいメニュー

中性脂肪値を下げるために、何か特別な食事を準備したりといったことはしていません。

ただ、普段の食事の中から油ものを控えるように注意して、ヘルシーで健康的な食生活を送るように心がけたのです。

その後の再健診のときには、まだ正常とまではいきませんが、中性脂肪は159になっていました。

かなり中性脂肪値を落とすことができており、医師からもその調子で食生活に気をつけて頑張るように、とのアドバイスをもらいました。

普段の食生活を見直すだけでも、中性脂肪値は大幅に改善することができるので、中性脂肪値が高いと指摘されたことのある方は、是非自分の食生活を見直し、油っこいものを控えた食事を心がけてほしいと思います。

関連記事

スポンサーリンク